お見合いパーティー婚活パーティーの開催や、結婚相手紹介サービスを展開。新潟・長野・富山・石川(金沢)・宮城(仙台)
婚活、結婚相談、パートナー探しのお手伝いをさせて頂いております。

婚活・お見合いパーティ イベントクラブアクセス ブログ

自由参加型パーティーはこちら

イベントブログ

社長blog

facebook

twitter

QR

地域文化の継承者の未来を
応援しています。

飯山市さわやか婚活応援事業を
応援しています。

出雲崎町まち恋お見合い婚活応援事業

出雲崎町まち恋お見合い婚活応援
事業を応援しています。

結婚いいね!ラブフェスin新潟を
応援しています。

やまだみつる&まついひろえのアーデコーデ

似顔絵師やまだみつる、フリーアナウンサーまついひろえによるトークバラエティ番組「アーデ・コーデ」に、当社代表が出演しました。

Podcast番組「アクセス・ネットワーク社長の"ジブン"を輝かすココだけの話」

secom

雨の中の大人数BBQパーティー(^^)♪

こんばんは。(^^)

 

今日は国営越後丘陵公園でBBQイベントでした!!!

たーくさんの方にお集まり頂きまして誠にありがとうございました。♪

 

イベント中は、異性の方とお話しをして盛り上がり、外は雨が降っていて気温が下がり、BBQの鉄板で暖を取りながら熱い&寒いの繰りでした。スタッフも背中にホッカイロを張りながら、額には汗が流れておりました。笑

 

肌寒くなり始めた秋のBBQは夏のBBQと違った楽しみがあっていいですね。

男性が女性の分のマシュマロを焼いてエスコートしている姿に、トキメキましたっ!!!!!

マシュマロ男子、サイコー!と叫びたくなりました。笑

お箸を自分の分だけではなく、女性の分まで取ったり、飲み物をつぎ足したり、力仕事を率先している男性の姿はとても印象がいいですね。女性はきめ細かい気遣いが出来る方が多いですが、男性の皆さーんちょっとしたエスコートを意識されるともっと男前になると思います!!!

男性のそういったちょっとした気遣い=心遣いは、特に嬉しいのです♡♡

女性はちゃんと、そういった心遣いのできる男性の仕草を見ています!!

男性のちょっとした女性へのエスコート、是非男性の皆様は意識されてみてはいかがでしょうか。♪

もちろん、女性は笑顔で「ありがとうございます。」をお忘れなく。

 

一緒に過ごす空間が笑顔になるようなイベント時間をもっとご提供できるように、
アクセスもスタッフ一同心を込めてサポートさせて頂きます。

 

今日もご参加頂きまして誠にありがとうございました。

今日のご縁が明日のご縁に繋がることを願って。

男性にグイグイと引っ張って欲しい女性のホンネ。

みなさん、こんばんは。(^^)

8月の情熱的な気温が続くなか、アクセスでは気温に負けないくらいのイベントが毎週末行われております。♪

そんなホットなアクセスのイベントで本日出逢った女性グループとお話しした内容を少しお伝えします!!

 

イベントのフリータイム中に明るい雰囲気で軽快に会話をしている女性二人組がいらっしゃったので、お声がけさせて頂きました。「気になった男性とお話し出来ていますか〜?」というような感じで話し出しました。なぜなら、とても可愛らしくドレスアップされているお二人なのにどうして男性とお話しされてないのかな〜と思ったからです。

「イベント初めてで、やっと慣れてきました〜!」

「色んな人がいて話していて本当に面白い!!」

「けれど気になる人は今他の女性と話しをしていて、良い感じに見える」

「自分からは恥ずかしくて、なかなか声をかけられない。だからテレパシーを送って待っている。笑」

っと、気になる男性に「話しかけて〜、私の場所に来て〜、他の人と話しちゃやだ〜」と念を送っていらっしゃる最中でした。笑

 

何と可愛らしい♡♡♡♡
っと思いつつ、「ご自身で話しかけたらいいじゃないですか!!」と前向きにオススメしたら・・・・・

 

「ダメです!それはダメ。相手から来て欲しいんです。分かります?」っと。

 

ええ。はいっ!!

めっちゃ分かります。笑

 

男性諸君の皆様、女性は待っております。

男性がグイグイと来てくれるのを!!!!!

 

待ってますよ〜♡♡♡♡♡

 

 

acolumn Vol.7「恋の強敵!!本音 VS 忍耐力」

happikatsu_p7.jpg
 
 
 
YESかNOか。
 
人生にはこの二択がいつも直面しているけれど、恋愛も同じ。
 
悩んでいる暇もないくらい、「さぁ!どっちにする?」って決断を出さなければいけない時がよくある。
 
今のタイミングは “今” しかなくて、また同じような場面が巡ってくるかもしれないけれど環境は同じではない。
 
人の心も然り。
 
 
 
 
 
好きな人がいるあなた、付き合っている人がいるあなた、
 
 
 
「もう無理だー!!!!! こんな恋愛、やめたい。付き合ってらんない!!」って思っていても、彼のこと好きでしょ!?
 
 
 
きっとそれが答えなんだろうなって思う。
 
 
 
近くにいる他の男性がよく見えたりすることもあるだろうし、
 
優しくしてくれる人にフラ~っとなりそうな時だってあるけれど・・・
 
結局は彼を選択するという意味の「YES」なら、
 
文句を並べるよりも自分の気持ちに素直になって恋を思いっきり楽しまなくちゃ。
 
不満を思いっきりぶつけたくて、ぶつけたい、ぶつけなきゃやりきれない気持ちも、
 
グググーーーっと抑えて、落ち着いて冷静になってから伝えることを心がけたら少し心にゆとりが持てるはず。
 
感情的になってぶつかりたい時もも確かにある。そんな時に心がけたいことは、
 
人と人との付き合いだから常に「思いやり」を忘れずにいたい。相手を傷つけてからでは遅いし、
 
一度つけてしまった傷跡は…傷つけられたほうも傷をつけてしまった方も残る。傷は癒えても心の傷は癒えないのである。
 
なんでも言いたい放題言って、スッキリするために相手がいるわけではないし、
 
相手を思いやる気持ちが持てなければ関係を円滑に続けることは少し困難になってくるかもしれない。
 
 
 
 
 
積もりに積もってしまった思いの丈を相手にぶつけた後に後悔が頭を過ぎったことが何度かある。
 
 
 
・・・・・私、馬鹿なのかな。
 
おとなしくしていればいいのに。
 
愚痴や文句も言わず、頭で理解している事を行動で示せば相手に嫌われずに済むのだろうか。
 
誰か答えを知っているなら教えてほしい。
 
私がどこで間違ってしまったのか。
 
私がどこで奢りに走ってしまったのだろうか。
 
 
 
 
 
グルグル悩んだ結果、うん、これで良かったんだと無理やり考えるようにしたほろ苦い過去。
 
伝えた気持ちに嘘はないけれど、自分勝手極まりなかった。その瞬間、彼を失った。
 
恋人関係は一人で成り立つものではない。思いやりを失っては二人の一緒の未来は
 
描けないかもしれない。大きな経験を手に入れることができた。
 
 
 
 
 
そう。
 
恋に忍耐は付き物で、耐えた分だけ愛情も深まると信じたい。
 
言いたいことは存分に相手に伝えるべきだとは思う。しかし、言葉を選ぶことを忘れてはならない。「YES」と「NO」の間には忍耐と本音が常に闘っている。
 
 
 
 
 
恋において、相手に伝えた言葉の数よりも自分の心に投げかけた言葉の方が多い。その分、相手への想いも深まり、自身の経験も深まる。
 
忍耐と我慢の連続は乙女を強くするバネになる。
 
 
 
 
 
相手よりも強敵かもしれない自分が、恋愛には待っている。
 
うむ。まさに強敵!!!
 

acolumn Vol.6「 恋はミラクルなんですよ!っと、言われました。」

happikatsu_p6.jpg
 
 
 
その時は仲良くしたいと思って近づいたけれど、やっぱり違うなーって思うことはよくある。
 
もちろん、男女問わず。友達としても恋人候補としても_・・・。
 
 
 
ちょっといいなって思っていた人からのアプローチが強すぎて、後ずさりしちゃう時だってよーくある。
 
きっと、恋を体験したことある人なら共有できるこの「恋のタイミング」は、自分ではコントロール不可能だ。
 
 
 
自分が相手のことをいいなって思っていても相手の反応がイマイチだった場合、
 
そんな時は押しても相手がどんどん遠のくばかり。かといって連絡をしないのも気持ちが落ち着かない。
 
だから平素を装って何て事のないメールをしては相手の反応を待つ。相手(彼1)の反応も鈍くなってきて
 
段々と他に気になる人(彼2)が出来始めると、なぜか頻繁に前気になっていた相手(彼1)から連絡が来るようになる。
 
あぁ・・・なんで今なの??って、思うこともある。きっとこれが私と相手のタイミングなんだろうなぁ。
 
こんな迷路のような想いを人生あと何回繰り返すのだろうか!と、たまに思いながら、新しい出会いを求めつつ、
 
安定した出会いも憧れて、なかなかタイミングが掴みきれていない今日この頃。タイミングが合う、
 
合わないって本当に言葉通りに納得できるし、
 
「タイミングが悪かった」という理由で様々な恋模様を納得させることも日常茶飯事。
 
 
 
 
 
 
 
恋愛のタイミングというのは相手が求めている時に自分が応えられるか、
 
もしくは逆のどちらか。とてもシンプルにできている。ただ・・・・・非常に難しい!笑
 
 
 
 
 
今までの恋愛を振り返るとどうだったのだろう。もちろんお互いに求めていることは大前提としてあるけれど、
 
恋する気持ちにスイッチが入っていない時はどんなにデートを重ねても、たとえ相手が自分好みのハンサムだろうが、
 
お洒落な格好で流行りのお店に連れて行ってくれる人だろうが、安定した仕事についている相手だろうが、
 
いい筋肉+笑顔の素敵な男性にだって「付き合いたい!」って思わなかった。
 
恋愛のスイッチがオフの時はいつもこんな感じ。一緒にいて楽しいし、
 
きっとこのまま一緒にいる時間を増やしていけば自然と付き合えるんじゃないかなーなんて
 
思い描いていつまでも恋愛に発展させないでいると、そのうち相手が自然に離れていく・・・・。笑
 
まぁ、そうですよね。いつまでも相手の大切な時間を引っ張れるはずもないし、
 
相手だって私だって時が流れればまた素敵な人が現れるのが自然の流れですよね。
 
 
 
 
 
うむ。
 
少し寂しくもあり、少し近づいただけで特別何かあったわけでもないし・・・
 
やっぱりタイミングが合わなかったんだなぁーと思う恋の結末。
 
 
 
初恋が5歳の時だと考えると、今までに何度繰り返してきたことか!!!笑
 
私、そんなにタイミング悪かったのかな?なんて思い返してしまう。
 
 
 
 
 
 
なんにせよ、恋も結婚もタイミング。
 
自分の感情ではどーにもこーにもいかないので、心の向くままにいくしかない。
 
だから時々押しすぎちゃうこともあるし、押されすぎて応えられない時もある。
 
 
 
 
 
先日、酔っ払った男友達に捕まってしまった。
 
そして、一時間ほど呂律が回らないほど酔った彼がこぼした最後の言葉が胸に刺さった。
 
 
 
 
 
「恋はミラクルなんですよ。」
 
 
 
 
 
一週間前、彼は大好きだった彼女に、遠距離になった途端にフラれてしまったそうで・・・
 
まだ気持ちの整理がついていない様子だった。遠距離になる前はラブラブで愛し合っていたはずなのに、
 
遠距離になってすぐに彼女の気持ちが離れてしまったそうだ。注:彼談! 彼は何度も彼女を説得したが、
 
彼女は全く応じなかったらしい。彼が一緒のタイミングで恋に落ちた彼女はもういなかった。
 
「うーん。ハッキリ言ってしょうがないよね。何が彼女をそうさせたかはわからないけれど、
 
それが彼と彼女のタイミングだったのだ!! 次!次!」と、
 
言いかけた台詞を飲み込んで、しばらく彼を励まし続けた。
 
 
 
 
 
まぁ、終わってしまった彼の話よりも彼の残した言葉がやけに印象強く残って私の胸に響いている。
 
確かに恋はミラクルだ。恋に落ちることもミラクルだけれど、さらにお付き合いをすることはもっとミラクルなんだなぁって。
 
 
 
タイミングが悪ければ一瞬で終わることもあるのだ。
 
ミラクルな恋、恋はミラクル・・・・日本語でいうと’奇跡’。
 
 
 
 
 
 
 
恋は奇跡。
 
いい言葉。なんだか、恋したくなっちゃうな。
 

acolumn Vol5. 「求めすぎ注意報♡」

happikatsu_p5.png
 
 
好きになるのに理由なんているのかな。
 
 
 
何故だか理由はわからないけれど、その人に惹かれることだってよくある。
 
 
 
全然タイプでもないし、顔もハンサムではない、趣味も違うし、実家も離れている、
 
気遣いができるタイプでもないし、家族もなんだか複雑そう。
 
正直、一緒にいてイライラすることも多いし、なんでこんなに違うのだろう・・・・って不満を言えば切りがない。
 
 
 
そもそも・・・これって不満なのだろうか。
 
圧倒的に不満の数が彼を好きな理由に比べて多く、愚痴をあげればきりがない。
 
それでも彼が大好きで、きっとなんとなく漏らしている彼への不満なんて彼の笑顔を見たら
 
一瞬で消え去るんだろうな。つべこべ言わずに、「好き!」ってただ胸を張れないのは、
 
シャイ?天邪鬼?な性格だからだろうか。
 
女子特有の、周りと環境とついつい比べてしまうからだろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
“自分の好きな人を、他人と比べることほど無意味なことってないのに。“
 
 
 
 
 
 
 
恋する気持ちに胡座をかき始めてきたら、
 
この言葉を思い出して慢心する気持ちと向き合うようにしている。
 
愚痴が出るのは、自分が求める欲求に対して相手が自分の思い通りにならないからだと思う。
 
そりゃそうだ。相手が自分の思う通りになったら不満なんて出ないだろうし、
 
自分の欲求を満たすことに思考が向いているうちは相手を思いやる気持ちは
 
少なからず目減りしているんだろうな。
 
知らず知らずのうちに求めすぎるワガママな感情には要注意!!
 
 
 
 
 
それじゃぁ逆に相手があなたに求めていることは何か考えたことがあるだろうか…??
 
あなたは相手にとってもパーフェクトなの??
 
 
 
 
 
 
 
胸を張ってYESと答えられる人は何パーセントいるのだろう。
 
相手に求めすぎて、自分のことは棚に上げている女子も多いはず。笑
 
 
 
求める気持ちは相手だって同じ。不完全さも、不満もお互い様だと思えたら
 
少しは視野が広がって、愚痴や不満も優しさに変えられたらもっと恋愛が楽しくなる。
 
 
 
 
 
恋愛はそもそも楽しくて、ワクワクして、一緒にいて笑顔になる、
 
居心地の良いものであると信じたい。
 
相手の粗ばかり探して、相手にとっても自分にとっても「ネガティブ」いるほど時間の無駄はないわけだし。
 
たまにのネガティブ思考は必要だけれど、常にネガティブでいたらきっと表情も心も晴れやかではないはずだ。
 
きっと相手にもその気持ちは伝達しちゃ。好きな人の前では、いつでも笑顔でいたい。
 
そのためには季節ごとの「求めすぎ注意報」を時々発令してみてはいかがだろうか。
 
相手に求めるにはまず自分から。
 
 
 
 
 
自分のことなら自分でコントロールできるから、きっと向上心をもって相手と向き合える。
 
好きな人にとってのパーフェクトにはなれなくても、せめてその時のベストな状態でいたいなぁ…
 
と思う気持ちを心掛けたい、ベストは尽くしたい。
 
いつ恋愛のスイッチがON/OFFになるかわからないからこそ、
 
手を抜いた私に愛想を尽かされるなんて考えただけで残念に思っちゃう。
 
常にフルメイクで全身緊張感を持って生活をするのは疲れちゃうけれど、
 
せめてリップは持ち歩くとか、背筋を伸ばすとか、デートの時は普段着と違うとか、
 
外に出るときは化粧をするとか、小さい意識を忘れずに日々を過ごして女子であることを楽しみたい。
 
素敵な女子は知っている・・・自分をもっと好きになるために、化粧だってするしお洒落だってする。
 
それが異性に対しても効果的だから。相手のためにも自分のためにも努力している姿はとても美しい。
 
相手に愛されるために、もっと好きになってもらうために努力する姿勢も見習いたいし、
 
パーフェクトではないにしても相手にとってベストな自分と向き合えるようになりたいと思う。
 
どんなに周りからハンサムなイケメンと言われている人だって、
 
人によっては全くタイプではないとか、恋愛対象外になるんだから。笑
 
だから他の男性と比べたり、過剰な期待は相手だって苦しいはず。
 
もちろん、彼よりも素敵な男性はこの世の中に星の数ほどいて、彼よりも魅力的でナイスな人は事実、
 
山ほどいるけれど、あなたが選んだ唯一の人に真っ直ぐな気持ちで向き合ってみて。
 
まずはそのままの彼を素直に受け入れよう。
 
求めるのはそれから・・・けれど求める気持ちはお互い様にあるということを忘れてはダメ。
 
 
 
 
 
過去の恋愛経験が、思い切りのいい恋愛を躊躇させる時がある。
 
背丈や経済状況、ルックスや他人に自慢できる長所がないと好きになれないわけじゃない。
 
胸を張って「私の好きな人」って言いたい。「なんとなく好き」は、
 
もう立派に十分あなたが大好き♡って訳注が出てもいいと思うくらい惹かれている証拠。
 
 
 
 
 
好きになる条件ってなんだろう。
 
そもそも好きになる条件なんて必要なのだろうか。
 
 
 
彼氏になる人はこういう人でなければならない!なんてことはない。
 
自分が勝手に作り上げた理想や過去を美化してどんどん高くなる「運命の相手」は遠のくばかり。
 
求める気持ちは自分に向けたら、今よりも毎日が楽しくなって、視界も広がる。
 
満開に咲く桜に負けないあなたの笑顔で春を始めちゃおう!!
 

acolumn Vol. 4「無性に人恋しくなるとき」

happikatsu_p4.jpeg

 

 

突然、無性に人恋しくなる。
 
誰かに必要とされたくなる。
 
 
 
普段は何とも思わない夜も、なぜか寂しい。なぜだろう。1人の夜は慣れているのに…。
 
大丈夫だよって言ってほしい。何も言わず、手をつないでほしい。人に求められたくて、求めたい。
 
なんとなくだけど、心許ない時間が忘れた頃にやってくる。
 
 
 
自分が求める相手は誰?
 
思い浮かんだ相手は、誰だろう。
 
 
 
 
 
好きな人?元カレ?家族?友だち?
 
 
 
 
 
たまーに、ほんのたまーにだけれども、そんな日がある。
 
寂しいが故なのか、人間の本能なのか…。『誰かー!!!』っと求めたい時がある。
 
 
 
ここ一ヶ月で、随分と昔にご飯を食べに行ったことのある男性からメールが次々と届いた。
 
何年ぶりのメール。他愛のない会話を交わして、それじゃぁまた…っとメールが終わる。
 
特に意味なんてないし、お互いに優しさを持ち合わせて会話をしている。
 
ご飯に行くわけでもなく、少しの時間を共有してお互いの存在を確かめている…そんな感覚。
 
男性でも女性でも寂しい時があるのだ。
 
メールを通じて人との優しさと思いやりと言う名の愛?や繋がりを求めて。
 
それ以上でもそれ以下でもなく、お互いの心の中にある想いを重ねていた。
 
きっとまた、忘れた頃に連絡を取り合うのかな。それが自然な感情の流れなのだろう。
 
その気持ちに名前も、関係性もないけれど、『繋がり』を求める気持ちの表れなのかもしれない。
 
 
 
「誰かに求められたい」というのは、人間の基本的な欲求の一つである。
 
求める度合いが違えど、恋愛ではないにしろ、
 
友だちでも家族でも誰でも、人は人との繋がりを求め探している。
 
 
 
1人の生活も悪くない。けれど、寂しい時が必ず訪れる。
 
そんなとき、ふと肩を貸してくれる人がいて欲しい。たまには甘えたっていい。
 
理由なく連絡をしたっていい。自分の心に素直に耳を傾けみよう。
 
繋がりを辿る日があることも、ないときも。
 
 
 
怒涛のバレンタインが終わって、少し落ち着いてきたこれからが自分磨きと出逢いのチャンス。
 
冬ですっかり下がってしまった女子力を取り戻して、颯爽と春服をコートの下に忍ばせたい。
 
タイツとヒートテックを毎日着て、ボディメンテナンスが疎かになっている自分と向き合って!!!
 
 
 
春はすぐそこに。
 
恋は、いまここにある
 
 

acolumn Vol. 3「ほんの少し」

happikatsu_p3.jpeg

 

 

飛行機に乗って、ちょっと福岡まで行ってきました。
 
いつもの日常を抜け出して少し羽を伸ばすために。
 
旅はいい。全てが出逢いにつながる。
 
 
 
 
そんなワクワクした気持ちで家を出発。空はピーカン♥︎
 
旅日和だーっと浮き足立っていたら、行きの飛行機の窓際に座る隣人によって出鼻を挫かれたのだ。
 
青空を眺められるはずの窓をシャットダウン。
 
こーんなに天気がいいのに…途中で富士山が見えるのに…希望の光すら当たらないシートに座った私は少し考えた。
 
このアイマスクを着用して爆睡している隣人は、仕事で超お疲れなのかもしれないし、
 
毎週のように飛行機に乗っていて空の旅なんて嬉しくもなんともないのかも。
 
むしろ、太陽の眩しい光や空一面の青空に全く興味すらなく、
 
隣に座った私がどんなに青空を熱望しているかなんて知った良しもないのだろう。
 
それとも、こんな格安航空券でゲットした空の旅は青空を楽しむ権利すらないのだろうか…。
 
ちょと悲しくなってきた。  
 
人の価値観はそれぞれなんだなーっと思ったし、たまたま隣に座った人との偶然も大きく左右するんだな…。
 
ほんのちょっとでも遮断カーテンを開けてくれれば…眩しい世界が一瞬で広がるのになぁ。
 
 
 
 
人の心もこの飛行機の遮断カーテンと似ている
 
相手に対する心のシャッターがしまってしまえば、どうにこうにもならないのだ。
 
どちらかがシャッターを閉めた時点で、その人との関係性は成立しない。
 
 
 
 
決めつけたり、答えを決めてしまっては可能性が見出せない。
 
1%でも可能性があればどうにかなることでも、全くの0ではどうすることもできない。
 
 
 
 
諦めたり、気持ちを閉ざしては、1×0=0 なのだ。
 
あなたの気持ちが0でない限り、諦めない限り、いかなる方向から光を照らすチャンスはある。
 
 
 
 
隣の人のシャッターを気にしていても仕方が無い。
 
自分のシャッターを少し開けることで世界が何倍にも広がるだろう。
 
希望の光とはよく言ったもので、少しでもほんの少しでもちょっとでも
 
射し込む隙間があれば明るく照らしてくれる希望にもなり得る。
 
 
 
『こうしなきゃいけない』というシガラミは
 
自分が作り上げていることが大半で、実際にはとても少ないはず。
 
 
 
可能性は常にあなたの中にある♥︎
 
 
 

acolumn Vol.2「出逢いの最短方法」

happikatsu_p2.jpeg

 

 

新年明けましておめでとうございます。
 
2015年はどんな出逢いを掴んでいくのかと思うと…ワクワクしますね!!
 
出逢いは自分次第、自分から前に進んでいきましょう。
 
 
 
「愛されたい」「幸せにしてもらいたい」という願望は乙女なら誰もが持っている心の奥底の本音。
 
けれど、幸せを待っている「待ち」の姿勢では
 
あなたがどんなに素敵な女性であっても、スポットライトは当たらない。
 
千載一遇のチャンスで運命的に出会う人もたまーーーにいるけれど、
 
そのような出逢い方はあまり参考にならないかも。
 
もっともっと現実的に落とし込んで考えて、
 
しっかりと現場把握をしてから行動をすることをオススメしたい。
 
 
 
 
 
 
出逢いの最短方法として…
 
①現状把握
 
出逢いはあるか?
 
恋愛につながる出逢いはあるか?
 
好きな人はいるのか?
 
実際に恋愛をする時間や生活スタイルはできているか?
 
自分の求めている人の理想と自分のマッチング確率(理想と現実の把握)
 
異性からみた自分の印象(外見、内面など)
 
何が良くて、何が悪いのか
 
 
 
②明確な出逢い目標
 
3ヶ月以内に好きな人をみつける
 
2年後の誕生日には結婚する
 
とりあえず異性の友達を増やす
 
⚪️⚪️君といつまでに食事に行く!
 
など、具体的な出逢いの期限、それまでに誰とどうなるかをハッキリ決めることがポイントです。
 
 
 
③目標に向けて実行計画を作る
 
ここで必要なことは、現状と目標の差がどれくらいあるかを確認して、
 
限られた期限内にその目標に近づくためにどうしたらいいのかをひたすら現実的に考えて実行するのみ。
 
 
 
 
例えば、自分が仕事が忙しくて全く出逢いもない女子力と
 
社交性の高い20台女子なら…とにかく出逢いの機会を増やすことが必須。
 
仕事をもっと効率的にかつ、出逢いが多くありそうな土日や
 
夜ごはんの時間帯といった日程と時間を確保する必要があります。
 
合コンを組む目星がなければ…今は、出逢いパーティやお見合い、合コンや街コン、
 
居酒屋パーティなどありとあらゆる出逢いがあるのでそこは自分に合った出会い方法を探してみてくださいね。
 
 
 
 
現状把握と目標設定、そして具体的な計画を企てて実行をすることが出逢いの近道です。
 
 
 
 
なんとなく求めていてるだけでは、現状維持しか期待できません!!
 
資格試験や勉強と同じように、正しい方向で正しい時間正しく努力をしていけば
 
グッと目標を達成する確率は上がります。
 
 
 
当然、相手は人間で感情や好みもあるのでうまくいかないことも多くあるでしょう。
 
しかし、努力をして手に入れた出逢い力は次の出逢いに繋がっていきます!
 
ガムシャラに頑張れば手に入る…かもしれませんが、
 
出逢いの最短方法の①〜③を実行したほうが格段に効率はあがります。
 
なんとなーく幸せになりたいなーと待つのではなく、
 
幸せを掴みにいって、自分で自分自身を幸せにしようではありませんか。
 
 
 
目標設定、期間設定は出逢いを掴む上でとても大切です。
 
ダラダラ行動をしても、効率も成果も出にくいのが現状。
 
期限を決めて行動をしても、期限内にうまくいかなかったら
 
もう一度傾向と対策頑張る方向性を起動修正して次回に繋げていきましょう。
 
 
 
「幸せは自分で掴む!!」
 
そんな素敵な2015年になりますように♥︎
 
 
 

acolumn Vol.1「恋してる?」

happikatsu_p1.jpeg
 
 
いま、あなたは恋をしていますか?
 
 
 
「はい。」「いいえ。」その他に、「わからない。」
 
回答が3択であったなら、あなたの答えはどれだろう??
 
「いいえ。」「わからない。」と答える人が多くなってきた昨今。
 
好きな人がいることを周りの人に打ち明けられない、そんな秘めた恋をしていませんか?
 
恋って何?ドキドキって何だっけ?って、正面から向き合っていない人も多いはず。
 
 
 
知らず知らずのうちに「恋」に臆病になり、「恋」の代わりになるものを探すようになってきた。
 
確かに、10代のように「キャー♥︎好き!」「カッコいい!」とはしゃぎながら恋をすることは少なくなってきてはいるけれども、
 
恋をする乙女な気持ちは永久不滅。それを話す場所や人が年齢を重ねると言いにくくなる事も事実。
 
友人が子育てで忙しい中、自分のデート相手のあれやこれやを学生の頃のように話すことは難しい。
 
恋にまつわる情報を共有できないことがこんなにも恋を臆病にしているのかな…なんて考えるようになった。
 
 
 
ねぇ、聞いてよ!○○くんがさ、昨日こんなこと言ってきて…これって脈があるってことかな?
 
昨日、年下の男の子に告白されて…。外見は好みだけれど、転勤族なんだよね。悩むなー。
 
合コンで会った○○とエッチしちゃった。これって付き合ってるっていうのかな?
 
 
 
こんな可愛くて、乙女で、ささいな恋愛事情を、女子は聞いて欲しいのだ。
 
共感をして、背中を押してくれる仲間が欲しいのだ。相手に対しての「良し」「悪し」ではなく、ただ聞いてほしい。それが恋の後押しになってくれる。
 
恋をして、恋を胸の中だけにしまっておくことなど言語道断。誰かにいま抱いている恋心を話そう!そして自覚しよう、「恋」を。
 
自分の恋バナを聞いてくれる友達や同僚、家族や飲み友達の存在があって初めて自分の恋に「存在」を見出す事のできるようになるんじゃないのかな。
 
その恋が実るかどうかが問題じゃなくて、誰かに恋をしている自分に気づくことから始めたい。
 
恋を話そう!!そして人の恋を聞こう!それが恋の近道なのかもしれない。
 
 
 
恋が怖い?
 
それは相手だって同じこと。
 
それでも人は何度だって恋に落ちる。相手に惹かれる。そしてまた好きになる。
 
恋をするだけで毎日がキラキラに輝き、生きる力になる。
 
相手を好きになれる自分に、誇りを持って前に進みたい。
 
 
 
Let’s恋心♥︎

ページ上部へ戻る