映画「マー君には夢がない」見てきました。

9cc7f26f.jpg昨日、NPO法人にいがた若者自立支援ネットワーク「伴走舎」創立記念作品の上映会を、クロスパルにいがたで見てきました。

ニートやひきこもりの体験者たちが中心となり製作された映画です。

上映の前に、映画製作に携わってきた若者たちのお話を聞くことができ、彼らに見えているもの、映画製作を通じて感じてきたこと、得てきたことなどが伝わり、有意義なひとときでした。

この映画は一般の興行的な映画とは一線を画すものだと思いますが、様々なリアルを体感することができ、一見の価値ありの映画ではないかと思いました。