脳科学的にモテるためにはどうすればいいのですか?

脳科学者の茂木健一郎氏が出演しているNHKの『プロフェッショナル・仕事の流儀』という番組がありますが、様々な分野で活躍している達人の日常の仕事の様子やインタビューなどを行っています。ご覧になっている方も多いと思いますが、私も毎回楽しみにしています。一つのことを極めている人には、本当に多くの学びがあります。

この茂木健一郎氏があるラジオ番組に出演していて、「脳科学的にモテるためにはどうすればいいのですか?」という質問に答えていました。
茂木氏はその質問に対して、「外見がそれほどよくないお笑い芸人が、合コンなど初対面の異性とお話する場面で以外とモテている様子を見ると、まずは最初に自分のウイークポイントをしゃべること。」と答えていました。

ウイークポイントを隠そう隠そうとするから、余計にぎこちなくなって魅力が半減してしまうとのことです。ただし欠点を話せばいいということではなくて、欠点をお笑いに変えるだけの、ユーモアのセンスも必要とのことでした。

いわば、自分自身を客観的に見れるということは、精神的にも大人であるということなのだと思います。人は誰でもセールスポイント、ウイークポイントなど様々な面を持ち合わせていると思いますが、自分のウイークポイントを笑って話せる人は、確かに人としての器の大きさを感じさせますよね。

・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・

アクセスは、年末は30日(日)18時まで、営業、年始は4日(金)より営業開始となります。
では、来年もよろしくお願いいたします。皆様、よいお年をお迎えください